女性の頭皮のかゆみの原因は?対処法・ケア方法について解説

女性の頭皮のかゆみの原因は?
対処法・ケア方法について解説

「毎日シャンプーしているのに頭皮がかゆい」
「歳をとってからかゆみがひどくなった」

そんな悩みを持つ女性は多くいます。頭皮のかゆみにはさまざまな原因がありますが、その中には女性に起こりやすいものもあります。

頭皮のかゆみは性別や年齢に関わらず非常に多い悩みですが、この記事では特に女性の頭皮のかゆみについて原因や、対処法、日常のケア方法などを解説します。

頭皮のかゆみにお悩みの女性はぜひご覧ください。

持田ヘルスケア オンラインショップで商品を探す
持田ヘルスケア オンラインショップで商品を探す

女性の肌タイプと頭皮のかゆみ

頭皮のかゆみの原因についてご存知でしょうか。
実は頭皮のかゆみの原因は様々なものがあり、一口に“頭皮のかゆみ”といっても原因毎に必要な対策が変わってきます。
特定の年代の女性に多いかゆみの原因もあります。対策も詳しく見ていきましょう。

オイリー肌の女性には「皮脂とカビ」を考えたケアを

頭皮のかゆみの主要な原因の一つは「皮脂とカビ」によるものです。
誰の頭皮にもいるカビの一種は頭皮の皮脂を栄養にして増殖しており、その際に皮脂由来の「遊離脂肪酸」と呼ばれる刺激物質を作り出します。この刺激物質が頭皮を刺激してかゆみをひき起こします。

この「皮脂とカビ」による頭皮のかゆみは皮脂分泌が盛んな男性に多い傾向がありますが、脂性肌傾向がある女性にも発生します。
おでこや鼻筋のいわゆるTゾーンにかけて皮脂が多いオイリー肌の方は頭皮の皮脂も多い傾向にあるため、「皮脂とカビ」を考えたケアが必要です。

オイリー肌の女性におすすめのかゆみ対策シャンプー

コラージュフルフルネクストシャンプー
(うるおいなめらかタイプ)
コラージュフルフルネクストシャンプー(うるおいなめらかタイプ)
販売名:
コラージュフルフルシャンプーNSa
分類:
医薬部外品
内容量:
200mL
メーカー希望小売価格:
1,760円(税込)
他に400mLポンプタイプ、つめかえ用のラインナップがあります。
効果効能:
フケ・かゆみを防ぐ、毛髪・頭皮を清浄にする、毛髪・頭皮をすこやかに保つ、毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。

皮膚科学に基づいたヘアケア製品を展開しているコラージュフルフルシリーズの薬用頭皮ケアシャンプーです。フケ、かゆみ、においが気になる方のために、抗カビ(抗真菌)成分「ミコナゾール硝酸塩」と抗菌成分「オクトピロックス®※」の2つの有効成分を配合しています。
普通のシャンプーと同じように洗って流すだけで、頭皮のフケやかゆみを防いでくれます。
皮脂が多い頭皮の方にはもちろんおすすめですが、しっとり感のある使用感ですので、頭皮が乾燥しがちな方や、指通りなめらかな洗い上がりを好む方にもお使いいただけるシャンプーです。
リンスやコンディショナーを使用される方には、同様に抗カビ成分を配合のコラージュフルフルネクストリンスの使用を推奨します。

※オクトピロックス®(ピロクトンオラミン)はクラリアント社の登録商標です。

公式オンラインショップで探す

乾燥肌の女性には「うるおい」を考えた頭皮ケアがおすすめ

頭皮のかゆみのもう一つの主要な原因は「頭皮の乾燥」で、パラパラとした細かいフケを伴う場合もあります。
元々は乾燥肌というほどではなくても、「清潔意識が高い方」や「周囲の目を気にする方」などは、フケや臭い、ベタつき対策の結果、頭皮をしっかり洗いすぎてしまい、乾燥して荒れた状態になっている場合もあります。
そのようなタイプの乾燥には頭皮の「うるおい」を残し、取りすぎないことが大切です。

また、体質的に皮脂量が少なく、Tゾーン(額や鼻筋まわり)さえも乾燥しているような方は、頭皮へ「うるおい」を与えることが大切です。
それぞれ詳しく見ていきましょう。

洗いすぎて頭皮が乾燥している方

洗いすぎによる乾燥が頭皮のかゆみの原因の場合、「うるおい」を残しながらやさしく洗うことが解決への近道です。
シャンプーの手順を見直して、1日1回、適切な方法で行うようにしましょう。
ただしもともとオイリー肌でフケやかゆみが出ていた方の場合は、上記の「コラージュフルフルネクストシャンプー」のように抗カビ成分を配合したシャンプーをおすすめします。

1度洗いですっきりしたい方へのおすすめシャンプー

コラージュフルフルスカルプシャンプー
コラージュフルフルスカルプシャンプー
販売名:
コラージュフルフルスカルプシャンプーFa
分類:
医薬部外品
内容量:
200mL(ボトル)
メーカー希望小売価格:
1,760円(税込)
他に340mLのつめかえ用のラインナップがあります。
効果効能:
フケ・かゆみを防ぐ、毛髪・頭皮を清浄にする、毛髪・頭皮をすこやかに保つ、毛髪・頭皮の汗臭を防ぐ。

すこやかな頭皮を考えた、メントール配合の薬用スカルプシャンプーです。
豊かな泡立ちで頭皮のベタつきを一度のシャンプーで洗います。余分な皮脂は落とし肌に必要なうるおいは残すので、頭皮に負担がかかりにくいのがポイント。
抗真菌(抗カビ)成分「ミコナゾール硝酸塩」と抗菌成分「オクトピロックス®※」の2つの有効成分をダブルで配合し、頭皮のフケやかゆみを防いでくれます。
爽快な使用感のシャンプーですので、特に頭皮のかゆみやべたつきで1日に何度もシャンプーする方にはおすすめです。

※オクトピロックス®(ピロクトンオラミン)はクラリアント社の登録商標です。

公式オンラインショップで探す

体質的に皮脂量が少ない方

体質的に皮脂量が少ない方

体質的に皮脂分泌が少ない方や、更年期以降で皮脂分泌が減少して頭皮が乾燥するようなケースも見られます。
そのような方には「コラージュフルフルネクストシャンプー うるおいなめらかタイプ」のようなしっとりとした使用感のシャンプーがおすすめですが、あわせて洗髪後の頭皮へしっとり感のあるローションを使用いただくこともおすすめします。
また皮脂分泌と同じく、毛髪の成長にも性ホルモンが関わっているため、更年期以降では抜毛が増え、新しく生える毛髪は細くコシがなくなっていきます。
乾燥も抜毛も、性ホルモン量の減少が原因になるということもあり、頭皮のかゆみや乾燥に悩む40代以降の女性の中には、同時に髪のボリュームにも悩まれていることも多いようです。
そのような方には頭皮にしっとり感を与え、かゆみを防いで育毛を促進する女性ホルモン配合の育毛剤コラージュフルフル育毛シリーズのご使用をおすすめします。

コラージュフルフル育毛シリーズには女性ホルモン「エチニルエストラジオール」のほか、「酢酸トコフェロール」、「サリチル酸」、「センブリエキス」の計4種の有効成分を配合しており、頭皮のかゆみだけではなく、抜毛や薄毛を気にされている方にもおすすめです。
頭皮のかゆみ対策とともに髪のボリュームも一緒にケアいただけます。

なお、一般的に、育毛剤は薄毛が進行してしまった後に始めるよりも、早めに始めて今ある髪を維持する方が効果的といわれています。
育毛剤は効果が見えにくいので途中でやめてしまう方も多いのですが、今ある髪を大切にして毎日根気よく続ける事が、将来の若々しさを保つポイントです。
更年期にさしかかり頭皮のかゆみが気になってきたという方は、合わせて育毛ケアも行えるコラージュフルフル育毛シリーズぜひお試しください。

詳しいラインナップ等はこちらをご覧ください。

コラージュフルフル育毛シリーズ

正しいシャンプーの方法

正しいシャンプーの方法

頭皮のかゆみを防ぐにはヘアケア製品選びだけではなく、正しいシャンプーの方法も大切です。特に女性は髪が長い方も多く、頭皮が洗いにくいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、正しいシャンプーの手順をまとめました。今日から実践してみましょう。

STEP① 軽くブラッシングする

髪を洗う前に、まずは軽くブラッシングをしましょう。ブラッシングをすることで頭皮と髪の汚れを落としやすくなります。

この時、無理に引っ張るのではなく、毛先をときほぐすように丁寧にブラシをかけることを意識してください。また、ブラシの先でこするなど、頭皮に刺激を与えないように気をつけましょう。

STEP② ぬるま湯で予洗いする

シャンプーの前には、38~39℃程度のぬるま湯で頭皮の予洗いをすることも大切。
ぬるま湯のシャワーによって油性の汚れや古い角質が浮き上がり、落としにくい頭皮の汚れがシャンプーで落としやすくなります。
ポイントとしては、髪表面にシャワーをあてるのではなく、髪をかき分け頭皮を直接お湯で洗い流すようにしましょう。

STEP③ シャンプーを泡立てる

シャンプーは液状のまま髪につけるのではなく、手のひらで少しずつうすめ、ある程度泡立てておきましょう。
シャンプー原液のままでは洗浄成分が濃いため、過剰に皮脂を落とすこともあります。

STEP④ 頭皮をマッサージするように指の腹で洗う

泡立てたシャンプーを髪になじませながら洗います。この時、頭皮に爪を立てないように注意し、指の腹でマッサージするように洗いましょう。
ゴシゴシとこするように洗うのもNGです。

STEP⑤ ぬるま湯で丁寧にすすぐ

十分に頭皮と髪を洗ったら、泡やシャンプーが残らないよう丁寧にぬるま湯ですすぎます。

STEP⑥ 毛先を中心にリンスをなじませる

軽く水気をきってから手のひらに適量のリンスをとり、頭皮をマッサージするようにしながら髪の毛全体になじませていきます。毛先にも丁寧になじませていきましょう。

STEP⑦ ぬるま湯で丁寧にすすぐ

シャンプー後と同様に、ぬるま湯で丁寧にすすぎます。

STEP⑧ タオルドライする

髪を洗い終わったら、ドライヤーの前にタオルで水気を拭き取ります。この時もゴシゴシと髪をこすらないように注意しましょう。

STEP⑨ ドライヤーで乾かす

タオルドライで髪の水気がある程度なくなってきたら、次はドライヤーでしっかり乾かします。乾かす時は、ドライヤーを髪に近づけすぎないようにしてください。

まとめ

まとめ

この記事では女性に多い頭皮のかゆみの原因や、対処法、日常のケア方法などを解説しました。

頭皮環境を整えるなら、まずは自分に合ったシャンプーやリンスを使って、正しい洗い方で洗うところから始めてみてください。

本記事を、かゆみが気になる頭皮のケアにお役立ていただけますと幸いです。